ベトナムでの生産性

こんにちは~
やっとこ、蚊の襲撃が少なくなってきました 汗
久し振りの熟睡でした 笑
フルーツメール
本日はベトナムでの生産性のお話。
トヨタベトナムは今後。生産車種の絞込みを計画している模様です。

事の発端はこんな感じだそうです。
2018年にアセアン地域の自動車に関する関税が撤廃される模様です。
それにより、ベトナムより生産コストが2割ほど安いタイからの輸入車が入ってきて
ベトナムでの生産の必要性が????とのこと。

これは、人件費だけではなく様々な要因が絡んでいると思われます。
調達品の現調化、コスト低減。

給与だけで見ればベトナムと比べタイの水準は高いです。
単純に労働者や消費者の立場からすれば
安く車を購入できてしかも給与が高いタイの方がメリットがある。
各会社での改善意識の違いも有るかもしれませんが
国の政策として車産業に力を入れているかがいかに大きいか実感した話しでした。

トヨタベトナムでもこの事態に社員の改善意識が一層 高くなっているようです。
是非ともベトナムも頑張ってもらいたいです!(^^)!


ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
Category: ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する