車のバッテリー上がり防止用品!!

こんにちは~!!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
Sundayドライバーの我が家ですが最近は結構な長距離を乗るようになりましたが
やはり、常に微電流が流れている以上は
バッテリー上がりは完全には防ぎきれません・・・。
そんな時に活躍するのがこちら!!
今回、購入しましたのはセルスター社製のSB-700と言うタイプ!!

セルスター ソーラーバッテリー充電器 SB-700 DC12V専用

新品価格
¥5,331から
(2018/1/29 16:59時点)




ソーラータイプのバッテリー充電器とは書いてありますが
実際には充電する能力は無く、ほぼ自然放電を補うレベルみたいです。
でも、これが有ると無いとではバッテリーの持ちの差が全然違うようです!!
日本でも様々な種類が売られており、過充電になったり、電流が逆流したりする物もありますが
こちらは大丈夫です!!

と言う事で取り付けです!!
取り付けは簡単でバッテリー端子に直接取り付けするだけ!!
s_IMG_0259.jpg

ソーラーパネル自体は防水では無いので室内に設置するしかないのですが
やはり問題は配線をどこを通すかですが
今回は運転席側にバッテリーがあるのでボンネットの脇を通して室内に引き込みます!!
配線を傷つけるといけないので配線チューブを使用して配線します!!

エーモン 配線チューブ 10φ 2m 1117

新品価格
¥285から
(2018/1/29 17:13時点)



s_IMG_0260.jpg

そして本体の設置は
ダッシュボードの上!!
s_IMG_1098.jpg

うちの車は、フロントガラスにも薄いフィルムが張られており本当のフルスモーク 笑
ですが、何とか充電はしていました!!
充電の状況やバッテリーの状態を簡単ではありますが
パラメーターで目安表示されますので非常に便利です!!
常夏の強い日差しを無駄なく使い切るこのアイテム!!
ベトナムでのSundayドライバーにはお勧めです!!

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村











日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

チャイルドシートの固定について

こんにちは~!!

本日はチャイルドシートの固定に関して!!
シートベルトも今は後部座席も3点式が当たりまえですよね!!!
ちなみに、私のランクル60は後部座席は2点式です 笑
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
こんな事はどうでも良くて 笑
チャイルドシート取付時の注意点は各メーカーの説明書に記載があると思いますが
意外と知らないシートベルトの機能のお話!!
シートベルトのロック機能にもいろいろなタイプがありまして
運転席や助手席に多い
ELR(緊急ロック式ベルト巻取装置)付シートベルト
後部座席に多い
ELR・ALR(チャイルドシート固定機能)付シートベルト
他にもありますが、多くはこの2種類です!!
s_IMG_0146.jpg

良く知ってるのは、勢いよくシートベルトを引き出すとロックするのは御存じかと思いますが
この機能だけなのがELR付きのタイプです。
そこへALRの機能が付くと、シートベルトを最後まで引き出すとロックが掛かり
巻取りしかできなくなるタイプとなります。

これって知ってると便利なんですが知らないでやるとえらいことになっちゃいます。
父親の車にチャイルドシートを取り付けようとしシートベルトを最後まで引き出し装着。
バックルを装着して取付完了。その後微調整をしたくいつもの感じでシートベルトを
少し戻せばロックが解除されると思い少し戻しては引き出す・・・。
その繰り返しをし、さらにはバックルまで外して少し戻して引き出すを繰り返すも
一向にシートベルトは出てきません。
身動き取れなくなっちゃいまして
TOYOTAへ駆け込みシートベルトのロックを解除してもらう事に・・・。
このロックを解除するには結構工賃がかかるらしく高いですと一言言われるも
解除してもらわなければどうにもならないのでお願いすると
メカニックの方が、上手に知恵の輪のようにチャイルドシートだけ取り外してくれて
工賃掛からず(^^♪ラッキー

このような案件が年に何回もあるようです・・・。
注意しなければ 汗
その時受けたアドバイスが、完全にチャイルドシートを固定してら大きなクリップで
シートベルトを固定し、これ以上に巻き取らないようにする事らしいです。
そうすれば、シートベルトのバックルを外した後もシートベルトは巻き取られませんので
ドン詰まりになる事は無いと思いますが
裏技的な手法ですので、安全には十分注意し取り付け後自己責任でお願いいたします。

ちなみに、ベトナムで販売されてるFORTUNERは
全席、ELR(緊急ロック式ベルト巻取装置)付シートベルト
のようです!!
ではでは!!

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村











日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

FORTUNERのHIDを交換しよう!!

こんにちは~!!

全く役に立たない車シリーズですが
やはり、街灯の少ないベトナム郊外だと夜中になると真っ暗です。
FORTUNERはLow側には純正のHIDがついてるのですが
慣れてくると35Wの純正HIDではやはり暗いんですよね・・・。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
と言う事で今回も純正HIDの35Wを55Wにアップしちゃおう計画始動!!
ここら辺の交換って非常に簡単で、ガラガラポン的に出来ちゃいます(^^♪
色々なHIDありますが、今回使用したのはこちら!!
FORTUNERの場合、バルブのタイプはD4Sと言うタイプで

fcl "加工不要" パワーアップHIDキット 純正型55Wバラスト D4S 6000K 【タイプB】

新品価格
¥26,800から
(2018/1/23 12:47時点)


FORTUNERの場合、プロジェクタータイプのレンズですのでバルブのタイプはD4Sと言うタイプで
バラストは丸型のタイプになります。
こちらの良い所は、純正品と入れ替えるだけなんです!!

s_IMG_0525.jpg
35Wの純正バラストを外します。
s_IMG_0709.jpg
HIDのバルブも外して・・・。
こちらはちょっとコツがいるかな!!
取り外しは簡単なんですが、手元が見えないだけに手先の感覚が頼りです。
s_IMG_0711.jpg

そして、新品に必要な空焚き!!
インターネット上では必要とか、必要無いとかいろいろありますが
お金が減る訳でもないのでしっかりと空焚きしてから
s_IMG_0714.jpg
取り外しの逆の手順で組み立てれば完成です!!
空焚きした後は高温になりますので、火傷をしないようにご注意ください!!
効果の程は!?
6000kですので純正と比べやはり若干 青いですね!!
s_IMG_0619.jpg
やはりW数が高いので確実に明るくなっております。

現在ではHIDも価格帯が下がり、安い中国製品も出回っております。
一概に日本製が良いとは言い切れませんが
個人的な経験だと中国製は当たり外れが結構あるように感じます。
簡単に純正HIDをパワーアップできるこちらの製品は結構お勧めです!!

fcl "加工不要" パワーアップHIDキット 純正型55Wバラスト D4S 6000K 【タイプB】

新品価格
¥26,800から
(2018/1/23 12:47時点)



ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村











日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

FORTUNERとHILUXの違い!!

こんにちは~!!

日本で再版されたHILUXですが、ここベトナムでは日本発売前より
HILUXが発売されております。
今更ながらではありますが現行型ではなく一つ前の型のHILUXとFORTUNERのお話。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
正直ながら、パット見た感じフロントマスクは何か似てるんですよね!!
コスト削減の為に同じ部品を使ってるのかと思いきや
なかなかこの2台を見比べる機会が無かったのですが
たまたまお隣さんがHILUXに買い替えた為見比べてみました!!
こちらがHILUX!!
s_IMG_9964.jpg
こちらがFORTUNER!!
s_IMG_0261.jpg

まぁ~
よくよく見るとヘッドライトも違うしフロントグリルの形状も若干違うし、
バンパーも微妙に形状が違う!!

この型が発売されてもう約5年近く経ちますが、今更ながら気づいた
どうでもいいお話でした。

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村











日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス